デジタルサイネージは決して最新技術ではない!?

デジタルサイネージは決して最新技術ではない!?

最近デジタルサイネージという言葉をよく聞くようになりました。

東京の繁華街に100メートルを超える電子広告や、利用者に合ったドリンクを奨めるタッチパネルの自動販売機などを思い浮かべる人が多いと思います。

コトバンク情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

デジタルサイネージとは昨今急速に拡大する、有用性の高い情報伝達ツールだと言うことができるでしょう。

デジタルサイネージに関する情報をご覧ください。

しかし、電子板による情報伝達技術は何もここ最近現われた情報周知手段ではありません。
実は技術としてはかなり以前から活用されていたものなのです。

例えば空港における航空便の便名と発着時間を示す表示板。パラパラとめくれる板が印象的ですが、これも電気の力を利用して情報を流している以上、デジタルサイネージの一種だと解することができます。

また、回転するように電子文字が流れるニュースなどの電子掲示板もデジタルサイネージの一種であり、こうした周知方法は既に数十年前から存在しています。
最近になってデジタルサイネージが急速に認知・拡大していった背景には、無線LANなどのブロードバンド技術が拡大したことや、高精細・高画質なディスプレイをより薄型で作成することができるようになったことがその背景にあります。そして、今後も大容量通信の実現や映像技術の革新などによって、現在の我々では想像もつかない進化を遂げていく可能性が高い分野だと言えます。



こうしたことを念頭に入れて街中を歩いてみると、日進月歩する技術革新の足跡が目撃できてワクワクできるかもしれません。